経済的にもメリットのある青汁

健康に自信が持てなくなってきた時や、野菜不足が気になった時に「青汁を飲んでみようか」と考える人も多いでしょう。 たしかに青汁には健康によいというイメージがありますが、具体的に青汁にはどのような健康効果があるのでしょうか。
まず、青汁には野菜を手軽に摂取できるというメリットがあります。 近年は生活習慣病を患う人が増えてきていますが、その大きな原因は欧米型の食生活にあります。 ファストフードや肉中心の食生活では糖質や脂質の摂取量ばかりが増えてしまい、どうしても野菜が不足してしまいがちです。 野菜が不足してしまうことでビタミンやミネラルの摂取量が減ってしまい、栄養バランスが崩れてしまいます。 また、野菜には食物繊維が豊富に含まれていますが、野菜不足によって食物繊維を十分に摂取することができないと体に様々な悪影響をもたらします。
その中でも深刻なのが便秘です。 食物繊維には摂取した糖質や脂質を速やかに体の外へと排出させる効果がありますが、食物繊維が不足していると食べたものがいつまでも腸の中に留まっていることになり、無駄に栄養を吸収することで太りやすくなってしまいます。 また、便秘によって排泄物が腸の中で長時間留まっていると、排泄物が毒素を発生させて血液によって全身に運ばれてしまいます。
毒素は肌細胞などに悪影響を与えやすい性質があり、ニキビや吹き出物を発生させます。 便秘が肌に悪いと言われるのはこのようなことが原因です。
このように、野菜不足は健康に様々な悪影響を与えます。 ですから、体のためには野菜を日頃から十分に摂取する必要があるのですが、これがなかなか難しいのです。 厚生労働省では1日の理想的な野菜摂取量を350グラムと定めています。 しかし、実際に野菜350グラムでサラダを作ってみるとよく分かりますが、これは非常に多い量であり、この量を満たしているのは国民の2割以下しかいません。
そこで、青汁の出番となるわけです。 製品によって若干の違いがありますが、青汁を1杯飲むと野菜にして50グラムから100グラムの野菜を摂取することができます。 野菜摂取量が特に少ないと言われている20代の若い世代では1日の野菜摂取量が250グラム前後となっているので、1日に1杯から2杯の青汁を飲むことで不足している野菜摂取量を補うことができます。
もう1つ、青汁を飲むことで経済的なメリットもあります。 野菜は気候の影響を強く受けるため、どうしても値段が高くなりがちです。 サラダ一皿をつくるために数百円かかってしまいます。 しかし、青汁ならば1杯分で50円程度ですから、手軽に野菜を摂取することができるというわけです。 値段が安いことで毎日続けられるので、野菜の健康効果をより大きくすることができるのです。

それでは、どんな青汁を飲めばいいのでしょうか?
今まで青汁を飲んだ経験がある方もいらっしゃると思いますし、これから青汁を飲み始めようと考えている方もいるでしょう。基本的にはどんな青汁でも相応のバランスの取れた栄養素が入っていますが、一人ひとり欲する物が異なっているわけですから、その中でなるべく個人に適したものを選ぶことで、より効果を高めることが出来るのは言うまでもありません。
まず、大きく分かれるのがケールと大麦若葉の2つです。こちらの大きな違いは、外来種と国産と言う違いですが、効能もそれなりに異なってきます。
ケールと大麦若葉の違いを判断し、どちらが自分に合っているか?判断した上で青汁を探すと良いと思いますよ。
最近では青汁口コミランキングサイトが人気ですので、健康を考えるならば参考にして頂きたいと思います。